晴海トリトンスクエア  報道向け情報ルーム

HOME>2015年報道資料

京藝術大学の教員・在校生・卒業生が描いた芸術性の高い下絵をもとに
約6万本のバラの花びらとカラーサンドで作る110mの花の絨毯(じゅうたん)

フラワーカーペット晴海 2015 〜四季の花絨毯〜」
開催期間:2015年10月31日(土)〜11月4日(水)

 

道路に描いた縦3m×横13mもの巨大な下絵5枚に、ちょうど塗り絵のようにバラの花びらを置いて花絵を描く。フェアトレードで入手した約6万本のバラの花は赤・白・オレンジ・黄・ピンクの5種類。事前にこの1本1本からバラの花をむしって準備するところから作業開始。花絵制作はみんなで協力しても数時間がかり。しかし、出来上がりは見事な花のじゅうたん。完成の暁の充実感、達成感は「やったあ!!」の気分。

2020年東京オリンピック開催に向け、選手村の中心として大勢のアスリートやメディアを受け入れる中央区晴海地区。その一角に色とりどり、約6万本のバラの花びらとカラーサンドを敷き詰めた巨大な「花絵」が登場する。

10月31日(土)〜11月4日(水)、晴海トリトンスクエア (所在地:東京都中央区晴海1-8)の「桜の散歩道」、「水のテラス」で開催される晩秋恒例の名物「フラワーカーペット晴海 2015 〜四季の花絨毯〜」がそのイベント。
もともとはヨーロッパ発祥の「花絵」イベントを、晴海地域の協力の下、その芸術性・技術を晴海流にアレンジし、2001年から毎年この時期に、その年ならではのテーマで開催してきた。こうしたイベントは日本最大規模で、今年は15回目。

今年のタイトルは"シーズンズ”(「Seasons −日本の四季」)。日本の魅力のひとつである豊かな季節のイメージを、花びらで表現する。 1年を通して様々な表情を見せる日本の魅力をテーマとし、日々のうつろいの中で見えてくる景色の変化を再発見し、四季・春・夏・秋・冬、5種類の花絵にしていく。

一昨年からコラボレーションしている東京藝術大学(学長・宮田亮平)と今年もコラボ、より芸術性、文化性の高いイベントを目指した。原画は東京藝術大学油画准教授の齋藤 芽生氏を中心に、在校生・卒業生16名が参加。3〜4名が1グループで3枚1組の絵柄を、合計5種作画した。(昨年までの原画の15枚分相当)これらの花絵は、運河沿いのプロムナード「桜の散歩道」の約110mにわたり一般に公開される。

既に公募済の「花絵制作スタッフ」300名、また花絵完成後4日間の「メンテナンススタッフ」各日10名も募集済みで、晴海地区の中学校や海外留学生、知り合いの友人知人を誘ってなどの参加者で作成の準備段階は完了している。

10月31日(土)は制作日となり、午前10時より準備の「花むしり」、それが終わると制作にかかり夕方4時前の完成予定。制作日を含めて展示・公開は5日間。10月31日(土)・11月1日(日)・3日(火・祝)の3日間は、高さ約10mから俯瞰・鑑賞できる高所観覧車が配備される。また夕方17時からはライトアップが行われ、夜間の鑑賞も幻想的で見応えがある。これに合わせて早くもイルミネーションの点灯も行われるので、夜はまたよりいっそう華やかなエリアとなる。今年も約20万人が見学に訪れると見込まれている。

以下は2014年の写真

  

                    準備の花むしり。同じ色の花びらが集められる。

  

        昨年の下絵。どの部分にどの色の花びら、カラーサンドを置くか指示されている。

  

       いよいよ花絵制作開始。花びらとカラーサンド、それにスプレー糊で制作していく。

  

        制作途中の花絵。                 ライトアップされた花絵

    

 高所観覧車                    高所観覧車からの絶景     ライトアップは幻想的


このサイトで使用の画像(GIF画像)をクリックすると解像度の高いJPEG画像が表示され、ダウンロードできます。

参考:2014年の「晴海フラワーフェスティバル」報道資料
参考:2013年の「晴海フラワーフェスティバル」報道資料

晴海トリトンスクエア 地図 このページの先頭へ
晴海トリトンスクエア公式ホームページ
■報道問い合わせメールは   press@info-ginza.com
■報道問い合わせ電話は(インフォメーションセンター)
03-3563-3181
佐々木(携帯電話090-4729-0545)