TOPへ   ■メールでのお問い合わせ  
2011年バレンタイン

「メリーチョコレート」&「ロペピクニック」コラボレーション第二弾

ロペピクニックとのコラボレーションで知られる作家orga氏のテキスタイルデザインがパッケージに。
春の野原でのピクニックをテーマにした
「フローラルピクニック」など7商品を限定店舗で新発売


株式会社メリーチョコレートカムパニー(本社・東京都大田区、社長・吉田 宏)は、株式会社ジュン(本社・東京都港区、社長・佐々木 進)のレディスアパレルブランド「ロペピクニック」(Rop? Picnic)との異業種コラボレーションを2010年秋より開始し大好評を博しているが、第二弾として2011バレンタイン・コラボを展開する。

メリーのバレンタインチョコレートパッケージのイラストを、ロペピクニックの商品デザインを多数手がけている作家のorga(オルガ)氏が担当。“春の野原でのピクニック”をテーマにした「フローラルピクニック」や、沢山のハートの中に小鳥が隠れている「ハーティバード」などのイラストを使った7商品を販売する。また、同じモチーフを使った洋服を同時期にロペピクニックの各店で展開。ワンピースやトートバッグなど、オリジナリティあるかわいらしいデザインが魅力的だ。

バレンタインシーズンにはロペピクニックの店頭(一部除く)と、オフィシャルオンラインショップでもオリジナルバレンタインチョコレートの販売を予定している。高級チョコレートメーカーと、人気アパレルメーカーのコラボによる相乗効果で、2011年のバレンタインはより楽しく、ファッショナブルな楽しみ方ができそうだ。

コラボレーションチョコレートの展開時期は2月上旬より、商品構成は以下の通り。


<商品概要>  画像(GIF画像)をクリックすると解像度の高いJPEG画像が表示され、ダウンロードできます。
ケーキのようなデコレーションやハートのチョコレートが入った、思わずピクニックに持って行きたくなるキュートな詰め合わせ。

■フローラルピクニック  \1,680 22個入 
■フローラルピクニック  \1,260 14個入 
■フローラルピクニック   \630  7個入


ハートの中に小鳥が隠れたイラストがパッケージに。小さなお花や葉っぱ、そのまわりをひらひら舞う蝶をイメージした詰め合わせ

■ハーティバード     \1,050 14個入 
■ハーティバード      \525  7個入


どなたにも喜ばれるプレーンなミルクチョコレート。ハート型の小鳥がデザインされた缶は、フロントに入ったR&M(ロペピクニック&メリー)のロゴがポイント。


■ピュアラブ        \630  57g プレーンチョコレート


パステルカラーのチョコレートはアフターユースにも最適なロペピクニックロゴ入りポーチ付き

■パステルカラーチョコレート \840 80g


※全ての商品に専用ギフトバッグが付きます。

コラボレーション洋品・グッズの展開時期は1月21日(金)より、商品構成は以下の通り。
■ハーティバードワンピース ■ドリーミングガールオックスシャツ
■フローラルピクニックワンピース ■フローラルピクニックブラウス
■スカーフベルト付きパンツ ■スカーフベルト付きスカート
■ドリーミングガール折りたたみ傘 ■ルームシューズ ■アイマスク
■ミニタオル ■シュシュ(2デザイン) ■ヘアバンド(2デザイン)
■トートバッグ(3サイズ展開) ■巾着(2サイズ展開)
※全て価格未定

参考:ロペピクニックと第一弾コラボレーションについて
ファッションブランド「ロペピクニック」のコンセプトは「Simple&Relax」。時代のトレンドを取り入れながら、ベーシックで着心地の良さを大切にしたオリジナル商品がメインのブランド。今秋、その「ロペピクニック」とメリーのコラボレーション商品として、洋服やグッズのデザインにメリーのシンボルマークであるリボンを結んだ少女の横顔シルエットを取り入れた商品を販売。この企画が大好評を博し、今回の第二弾コラボレーション企画を行うことになった。。
ロペピクニックオフィシャルサイト→http://www.ropepicnic.com/

参考:orga氏プロフィール
大阪の大学を卒業後、デザインを学ぶため渡英。ロンドン芸術大学、chelsea college of art&design でテキスタイルデザインを専攻。コンセプトを主軸にしたデザインの組み立て方や、表現方法を学ぶ。
卒業後、ロンドンのデザインスタジオに勤務。アパレルブランド向けにシルクスクリーンを使ったプリント図案を作成。2004年、活動の拠点を東京に移す。図案のアイデアは、ほぼすべて自然から着想を得ていて、モチーフも植物や鳥といった動物からひろがっていく。現在は図案デザインだけでなく布そのものに着眼点を移し、植物染料による表現技法など勉強中。