HOMEへ   

                  ■報道関係者のメールでのお問い合わせ→press@info-ginza.com 

                                                 2022年11月18日

          バレンタイン文化の生みの親が提案する2023年バレンタインは
             「気持ちをつなぐ チョコの糸」をテーマに
     商品名でも大切な人を笑顔にできるコミュニティ特化型チョコレートが登場

     「推しと、私と、チョコレート。」 ねこみゃみれ」 「イッセキ、サンチョコ」

        ※画像をクリックするとより解像度の高いJPEG画像が表示され、ダウンロードできます。


 高級ギフトチョコレートをはじめとした洋菓子・スイーツを製造・販売する株式会社メリーチョコレートカムパニー(本社・東京都大田区、社長・小屋松 儀晃)は、2023年バレンタインデーに向けた新ブランドを含むバレンタイン商品を、2022年12月26日(月)からメリーチョコレート公式オンラインショップ( https://lotte-shop.jp/shop/w/w-Mary )を皮切りに全国の百貨店、量販店で展開します。

 推しと、私と、チョコレート。

 ねこみゃみれ

 イッセキ、サンチョコ

◆2023年商品のネーミングとコンセプトについて

 年に一度しかないバレンタインデー。大事な日に大切な人やご自身へのプレゼントとして、おいしさはもちろんのこと、他にはない特別なチョコレートを選んでいただきたい!という想いから、来年は商品のコンセプトやネーミングにこだわった3つの新ブランドを企画しました。「推し活」を応援する「推しと、私と、チョコレート。」、猫好きさんにとことん響き、キュンとなれる「ねこみゃみれ」、一つの箱で3種類のチョコレートを食べ比べることができる「イッセキ、サンチョコ」の3ブランドです。また、それぞれのブランドから発売する商品も「推しごとチョコレート」「推しぴ沼チョコレート」や「猫缶(チョコレート)」など、トレンド感も満載で思わず手に取りたくなるようなネーミングの商品をラインナップしています。
また、メリーチョコレートでは2023年バレンタインのキャッチフレーズを「気持ちをつなぐ チョコの糸」としてコミュニティ特化型チョコレートを展開します。しばらく会えず離れてしまった気持ちのつながりを取り戻しつつある今だから「チョコレートの糸が会いたい人をつないでくれる、気持ちつなぐパレンタインデー」のコンセプトで、バレンタインデーを通じて人々のつながりやリアルなコミュニケーションを力強く応援します。

新ブランドと新商品について

◆「推しと、私と、チョコレート。」(ブランド名)

アイドルやキャラクターなど好きなものを応援する「推し活」。今では「推し」がいることが当たり前の文化になりつつあります。本商品は「推し」がいる方、グッズ集めが好きな方、「推し」がいる友人に贈る友チョコを探している人向けに開発された新ブランドです。

商品名:「推しごとチョコレート」

その名の通り「推しごと」に活用できるよう、商品付属のシールを 使って自由にデコレーションが楽しめる商品で、自分で用意した写真を組み合わせたり、ペンで書き込みができます。大事に眺めたり、写真を撮ってSNS で共有したり、「推し」との時間を思う存分楽しんでいただけます。アイドル、キャラクターには、一人ひとりに「メンバーカラー」と言われる担当の色が決まっていることが多いことから担当色のチョコレート選ぶことで、「推しごと」を盛り上げます。

商品内容:  No.1あか(ハート:とちおとめ)、No.2オレンジ(ハート:オレンジ風味)
       No.3きいろ(ハート:レモン風味)など各8色(8種類)   各10個入
価格 :  各1,350円(税込)
発売日:  2022年12月26日(月) メリーチョコレート公式オンラインショップ

商品名「推しぴ沼チョコレート」

趣味や好きなものにどっぷりのめり込んでしまった 「沼にハマった」状態を、チョコレートで表現しました。 人型のチョコレートをあなたに見立てて、ピンクチョコレートの沼に 沈めて、推し活にハマった気分をお楽しみいただけます。

商品内容: 50g+6g(1個)
価格 :  972円(税込)
発売日:  2022年12月26日(月) メリーチョコレート公式オンラインショップ

「ねこみゃみれ」(ブランド名)

猫好きさんにとことん響き、キュンとしてもらいたいと思って企画しました。商品のパッケージデザインから中身の粒チョコレート、ケースの中まで猫まみれ(いっぱい)にしたことや、猫の鳴き声が「にゃあ」や「みゃあ」であることから、「みゃみれ」ともじった表現にし、かわいさやインパクトを表現しています。それぞれの商品名についても、猫にまつわる世界感や、もふもふした毛の触り心地を感じられるようにしました。大好きな猫を感じていただいたり、猫好きの方と盛り上がれるような商品を展開いたします。
また、商品に描かれているイラス卜は、全て当社社員の猫の写真をもとに制作されています。実在の猫をモデルにしたことでリアルなかわいらしさが表現されています。

商品名:「猫缶(チョコレート)」

猫のご飯をモチーフにしています。中身もご飯らしく、小さい粒状のチョコレートと魚型のチョコレートが入っています。

商品内容 : 35g+24g(2個)
価格 :  810円(税込)
発売日:  2022年12月26日(月) メリーチョコレート公式オンラインショップ
2023年1月中旬から百貨店、量販店の取り扱い店舗で順次

商品名:「おてて缶」

いろんな仕草をする猫の“おてて"をモチーフにした缶に、食感の楽しいチョコレートクランチと肉球形のチョコレートを詰め合わせました。

商品内容 : 60g
価格 :  972円(税込)
発売日:  2022年12月26日(月)メリーチョコレート公式オンラインショップ
2023年1月中旬から百貨店、量販店の取り扱い店舗で順次

商品名:「にゃそーてっどチョコレート」

猫好きさんが心躍るかわいいチョコレートをたくさん詰め合わせました。

丸まって寝ている猫の形や、4匹の猫が原っぱでお昼寝している姿、つぶらな瞳でこちらを見つめる猫のイラストなど、思わずキュンとしてしまうこと間違いなしです。

商品内容: 6個入、22個入
価格 :  6個入・594円(税込) 、「22個入・1,944円(税込)
発売日:  2022年12月26日(月) メリーチョコレート公式オンラインショップ
2023年1月中旬から百貨店、量販店の取り扱い店舗で順次

  22個入

その他、猫のパーツをイメージした商品「しっぽ缶」、「触感」が伝わるように擬音語を用いたネーミングの「もにぷにポーチ」「もふにゅふポーチ」、包装紙に描かれたいろいろな猫の種類からお気に入りを選べるというワンダフルな世界観を表現した商品「にゃんだふるBOX」などがあります。

「イッセキ、サンチョコ」(ブランド名)

好きな素材が選べるご褒美チョコレート。6つのラインナップで1箱に3種の味が入っており、こだわりのチョコレートの食べ比べを楽しむことができます。近年、お世話になった人に贈る「世話チョコ」や、恋人用チョコに比べて自分用チョコの予算は抑え気味な傾向があります。
「イッセキ、サンチョコ」は価格設定を各378円(税込)に設定することで、「ほんのちょっとした気持ち」を伝えられたり、気兼ねなく贅沢を味わえるチョコレートを探している人に最適な商品です。

商品名: イチゴ、サンチョコ(あまおう・とちおとめ・紅ほっぺ)
      マッチャ、サンチョコ(お濃茶トリュフ・宇治抹茶・八女抹茶)
      ナッツ、サンチョコ(へーゼルナッツ&アーモンド・ 、キャラメルアーモンド・ピスタチオ)
      キャラメル、サンチョコ(ミルクキャラメルトリュフ・塩キャラメル・ビターキャラメル)
      コーヒー、サンチョコ(エスプレッソ・へーゼルラテ・カフェオレトリュフ)
      ヨウシュ、サンチョコ(ブランデー・ラム・グランマニエ)
商品内容: 各3個入
価格 :   各378円(税込)
発売日:  2023年1月中旬から百貨店、量販店の取り扱い店舗で順次

         イチゴ、サンチョコ


その他のブランドについて

◆「グレイシャス」

水彩画タッチのローズで大人の可愛らしさを表現したブランドです。
パッケージをそっと開くと、ひと粒ひと粒に込められた美味しさがあふれだす、バレンタインならではの華やかなシリーズです。(下写真左)

 

◆「奏
-KANADE-

2019年のサロン・デュ・ショコラ パリにて「世界の優秀なショコラティエ100」を受賞したトップショコラティエ 大石茂之が国産素材の銘柄・産地ひとつひとつにこだわり作り上げたブランド。 お茶のスペシャリスト「茶師十段」が奏のために合組(ブレンド)したお茶を「日本茶」シリーズに使用。「日本酒」のシリーズには、大石が最も得意とする、厳選した日本酒とチョコレートのマリアージュ。「国産苺」のシリーズでは苺の品種別でお楽しみいただけるチョコレートをご用意しています。(上写真右)

◆「TSUWAMONO(つわもの)

戦国武将の世界観を表現した、固定ファンも多い人気のブランド。2023年のドラマなどでも話題沸騰が予想される徳川家康や徳川四天王をフューチャーしたアソート、織田信長、豊臣秀吉、伊達政宗などの戦国武将をイメージした新作チョコレートも多数登場します。 (下写真左)

 

◆「テイストリー」

ベーシックでありながら上質で本格的な味わいが楽しめるバレンタイン限定ブランド。カカオの香り、カリカリとしたナッツの食感や、とろりとしたキャラメルのなめらかさ。産地にこだわったコーヒーチョコレートなど美味しさにこだわった正統派のチョコレートブランドで、シンプルだからこそ感じられる上質な味わいです。 (上写真右)

◆「メリーズミルフィーユ」

贅沢気分を味わえるバレンタイン限定のミルフィーユ。2023年は季節のミルフィーユ、特別感のあるリッチなミルフィーユともに、新フレーバーが登場します。個包装のため配りやすく、みんなで分け合ってお召し上がりいただけます。 (下写真左)

 

◆「はじけるキャンディチョコレート。」

レトロで壊かしい気持ちをパチっとはじける新感覚チョコレート「はじけるキャンディチョコレート。」で呼び起こします。2021年、2022年はSNSで話題になった"エモさ"とオリジナリティが特徴のブランドです。2023年は百貨店限定販売用として、2層のパチパチはじけるキャシディチョコレート をキャンディような両ひねりの個包装で包み、缶に詰めた「クリームソーダ缶」、「プリン缶」、「いちごパフェ缶」も新登場します。どこかで味わった懐かしい記憶がよみがえる、誰かにシェアしたくなるチョコレートです。(上写真右)

◆「ベアーズコレクション」

くまのデザインがかわいらしい大人から子供まで楽しめるブランドです。
全アイテムお酒不使用なので、幅広い年齢層が安心してお召し上がりになれる贈り物を探している方に最適です。 (下写真左)

 

◆「ルル メリー」

「もっとおいしく、もっとたのしく。時間が生み出すコミュニケーション」がコンセプトのルル メリー。2023年バレンタインでは「春の訪れ」をテーマにし、甘いチョコレートをひと口頬張ると、春の光のような笑顔がこぼれる大人のための華やかなバレンタイン商品です。 (上写真右)

◆「ジャミーラ」

アラビア語で美しいを意味する「ジャミーラ」。“煌めくチョコレートで日常から解放されたひとときを味わっていただけるように”という思いを込めたブランドです。旅行やインテリア、雑貨好きに、またキラキラしたものが好きな女性に向けた異国情緒あふれるチョコレートです。 異国のエッセンスがぎゅっと詰まったチョコレートを通してわくわく心が躍るようなひとときをお楽しみいただけます。 (下写真左)

 

◆「セゾン ド セツコ Le JAPON」

季節を呼ぶ「節呼」と名付けた、日本のショコラトリー セゾンドセツコは季節に紐付いた三つの"SHIKI"、移ろい行く美しい、日本の「四季」、季節の自然を繊細に表す「色」彩、歳時の慣わしに根差した、様「式」美、を大切にしています。花を通して季節を感じていただけるようなパッケージデザインとして、日本茶のショコラにはお茶の花と桜の花びらを、お酒のショコラには菊と椿の花を、和甘味のショコラには梅と苺の花をあしらいました。 (上写真右)


◆メリーチョコレートとバレンタインについて

 メリーチョコレートは1958年、初めてバレンタイン催事を行い、その翌年に提案した「チョコレートで愛を告白する日」は、日本の文化として定着しました。毎年、時代の変遷に合わせたバレンタインデーの楽しみ方を提案し、バレンタイン文化を築いてまいりました。
コロナ禍でリアルなコミュニケーションが不足する状態が続いている現在、当社では2021年は「JI-KO-CHU(自己チュー)バレンタイン」、2022年は「わがままバレンタイン」と、人とのつながりが閉ざされた中でも、精一杯自分が楽しめるバレンタインを提案してきました。
2023年に展開する新ブランドは、より明るくて楽しい気持ちになれるような商品を作りたいと思った商品設計担当者の想いが込められています。
今後も楽しいバレンタイン商品の開発に努めます。

メリーチョコレートコーポレートサイト https://www.mary.co.jp/mary/
※メリーオンラインショップは2022年12月26日公開予定です。

 

■メールでのお問い合わせは    press@info-ginza.com

■報道関係者のお問い合わせは
(株)メリーチョコレートカムパニー 広報宣伝部      
〒143-8508 東京都大田区大森西7-1-14  電話 03-3763-5115

インフォメーションセンター
〒104-0041東京都中央区新富1丁目5-5  トーア新富 210号
電話 03-6275-2880  FAX  03-6275-2885