TOPへ    ■報道関係者のメールでのお問い合わせ→press@info-ginza.com           

                                               2019年11月5日    

                 サロン・デュ・ショコラ パリ2019にて

       メリーチョコレートの海外戦略ブランド「トーキョーチョコレートが快挙!

            「世界の優秀なショコラティエ100」として表彰され、

      「レ メイヤー デ メイヤーアワード(最高のショコラティエ賞)」を受賞!

        25周年式典にも日本で唯一招待され、新作ショコラが絶賛!

       ※画像(GIF画像)をクリックすると解像度の高いJPEG画像が表示され、ダウンロードできます。

株式会社メリーチョコレートカムパニー(本社・東京都大田区 社長:小屋松 儀晃)の海外戦略ブランド「トーキョーチョコレート™」は、2019年10月30日(水)からフランスで開催された世界最大のチョコレート展「サロン・デュ・ショコラ パリ」にて、フランスのチョコレートの格付けで最も権威のある「C.C.C.(フランスチョコレート愛好会)」より「世界の優秀なショコラティエ100」として表彰され、「レ メイヤー デ メイヤーアワード(最高のショコラティエ賞)」を受賞しました。そして、今回のサロン・デュ・ショコラ パリ2019は25周年の記念すべき年で、トーキョーチョコレートはその記念式典にも日本で唯一招待され、新作を披露し絶賛されました。また、サロン・デュ・ショコラ パリの最終日に25周年を主催者とショコラティエで祝うサプライズイベントにも突然壇上に上げられ称えられるなど、その実力を世界に認められ印象づけた結果になりました。

         

メリーチョコレートは「サロン・デュ・ショコラ パリ」に日本の企業として一番最初に出展、そして世界に和の食材を使ったチョコレートを広めたという功績から、今回の栄誉ある表彰に繋がりました。大石トップショコラティエは「今回このような評価を頂いたことは大変光栄である。これからも和素材を使いチョコレートを通して新たな表現を続けていきたい。」とコメント。表彰では、プラリューやフランク・ケストナー、そしてエス コヤマ、ル ショコラ ドゥ アッシュなどの日本のショコラティエもみられました。

今年発表するチョコレートのテーマは「トーキョールミエール」。今年は「サロン・デュ・ショコラ パリ」が25周年のアニバーサリーイヤーということを記念し、C.C.C.より2016年から3年連続で金賞を受賞した作品と、今回初めて発表する作品を1つに集めた渾身の「トーキョーチョコレートプレミアムセレクションボックス」をご用意しました。新作の「玄米茶と生姜」も25周年記念式典で披露し、その繊細な味わいを絶賛され、サロン・デュ・ショコラ パリの会期でも大変好評でした。トーキョーチョコレートの、光り輝くこれまでの歴史とこれからの未来を繋ぐチョコレートをお楽しみいただけるセレクションボックスとなっています。

通常、日本での販売はバレンタインの時期のみとなりますが、今年は「サロン・デュ・ショコラ パリ」の開催に合わせて、10 月30 日(水)より期間限定で一部のメリーチョコレートショップやメリーオンラインショップにて販売開始しました。トーキョーチョコレートの傑作集であり、そして新しい味わいも楽しめる「トーキョーチョコレートプレミアムセレクションボックス」を、この機会にぜひお楽しみください。

※展開予定店舗一覧はコチラから

         

      表彰式のワンシーン                      メリーチョコレートのショコラティエたち

  主催者とフランスのトップショコラティエと25周年を祝う大石ショコラティエ


 

資料:商品リスト ※日仏同時発売商品

●トーキョーチョコレートプレミアムセレクションボックス
C.C.C.より3年間の金賞受賞作と新作のチョコレートを1つに集めたプレミアムセレクションボックス。

 

◇柿 <2016年 金賞・アワード受賞作>

特徴:市田柿の干し柿をペーストにしたジュレとそのペーストにチョコレートを合わせたガナッシュを二層にしました。ガナッシュにはきりっとした熊本の球磨焼酎をきかせています。チョコレートでありながら、和菓子のようなまろやかさもあり、日本の優しさを感じる一粒です。  下写真左

          

◇和のプラリネ <2017年 金賞受賞作>

特徴:日本の七種の宝、“七宝”<しっぽう>をイメージした、和の二層プラリネです。
上の層は、本みりんと和三盆糖でシチリア産ヘーゼルナッツをキャラメリゼし、パプアニューギニア産カカオマスのミルクチョコレートにあわせてプラリネに。下の層は、本みりんと和三盆糖でキャラメリゼしたアーモンドをベースに、ボリビア産カカオマスビターチョコレート、ごまのプラリネ、こがし醤油を加えたプラリネです。いずれのプラリネもカリカリした食感が残るようナッツを粗挽きにしました。 上写真右

◇薔薇  <2018年 金賞受賞作>

特徴:生で仕入れた朝摘みの薔薇の花びらを山形産の日本酒 純米大吟醸「出羽桜 一路」に漬けこみました。ベースのチョコレートにはドミニカ産カカオマス使用。カカオ分64%の力強いカカオ感のあるビターチョコレートに薔薇の香りと味わいを閉じ込めた日本酒をあわせ、気品のあるガナッシュに仕上げた一粒。2018年日仏友好160周年を祝して薔薇の花束を贈る気持ちをショコラで表現しました。 下写真左

          

◇玄米茶と生姜 <NEW>

特徴:「お茶は飲むだけでなく、ショコラとして表現できる」ことをご提案したいと思い、「玄米茶」のチョコレートを新作として作りました。「玄米茶」を選んだ理由は、玄米茶は玄米を緑茶にあわせた独特のお茶で、このお茶をチョコレートに合う味わいとしてご紹介したかったからです。
国産の玄米茶の香ばしさに、国産の生姜を加えきりっとした味わいに仕立て、 そこにドミニカ産カカオマスのチョコレートがマッチして、一粒でお茶とチョコレートを 一度に楽しんでいるような気持ちになる贅沢なチョコレートです。 上写真右


■メールでのお問い合わせは    press@info-ginza.com

■報道関係者のお問い合わせは
(株)メリーチョコレートカムパニー 広報宣伝部      
〒143-8508 東京都大田区大森西7-1-14  電話 03-3763-5115

インフォメーションセンター 佐々木 勉
〒104-0061東京都中央区銀座1-22-10 銀座ストークビル401 
電話 03-3563-3181 FAX 03-3562-5267