TOPへ  ■報道関係者のメールでのお問い合わせ  
 

2018年10月

世界最大のチョコレート展 「サロン・デュ・ショコラ パリ2018」開催!

メリーチョコレートの海外戦略ブランドトーキョーチョコレートは
日本最多の18回目の出展!

さらに!朝摘みの薔薇を使うなど渾身のC.C.C.出品作を日本先行発売します!

※このページの画像(GIF画像)をクリックすると解像度の高いJPEG画像が表示され、ダウンロードできます。

株式会社メリーチョコレートカムパニー(本社・東京都大田区 社長:小屋松 儀晃)の海外戦略ブランド「トーキョーチョコレート™」は、2018年10月30日(火)よりフランスで開催される「サロン・デュ・ショコラ パリ」に、日本最多18回目の出展をいたします。

2018 出品作のコンセプト
―新TOKYOジャポニスム―

     

フランスと日本が友好関係を始めてから160年。パリ万博にアジアで初めて参加し日本の文化が当時のフランスの方々に驚きをもって迎えられ、芸術家に影響を与えてきました。トーキョーチョコレートは、パリで和素材とチョコレートを融合させ、“和のチョコレート”の分野を築いてきました。日本の伝統から学び、パリに新しい時代のチョコレート“新TOKYOジャポニスム”を発表いたします。
C.C.C.出品作「No.1 薔薇」とトーキョーチョコレートの代表作”みなも”の「いちじく」が、「ジャポニスム2018」の公式イベントに認定されているサロン・デュ・ショコラ パリのイベント「エクスペリエンスジャポン2018」に出品しました。

毎年「サロン・デュ・ショコラ パリ」の会場では、サロン・デュ・ショコラが行われる前に、フランスのチョコレート愛好会「クラブ・デ・クロクール・ド・ショコラ(C.C.C.)」が限定して招待状を出したチョコレートショップより出品されたチョコレートの品評会を行い、その格付けの結果を発表しています。
今年「トーキョーチョコレート」が新たに発表する4つのC.C.C.出品作のチョコレートが入った「プレミアムセレクションボックス」は、朝摘みの薔薇を日本酒に漬け込み華やかな香りをそのままガナッシュに閉じ込めた「薔薇」や、五つのジャンルの味覚の良さをすべて集めて一粒にした「五味のプラリネ」など、こだわりの作品をひと箱にそろえました。通常、日本での販売はバレンタインの時期のみとなりますが、今年はいち早くパリで発売する新作商品を皆様へお届けし渾身の作品を楽しんでいただきたいため、2018年10月22日(月)より「メリーズ カフェ」とJR東京駅構内 地下1階グランスタ内 シーズンセレクト(銀の鈴広場横)にて先行発売することが決定しました。
さらに、東京の酒蔵で造られたお酒を使用し、東京のうつりゆく空の色をチョコレートで表現したトーキョーチョコレートの代表作「みなも」も、「プレミアムセレクションボックス」と同時に発売。こちらは繊細な味わいや見た目の情緒的な美しさから毎年パリで大好評を博し、完売している人気の商品です。今年は酒造も新しくなり、昨年とはまた違った味わいをご堪能いただけます。
その他、グランスタ(シーズンセレクト)の催事場限定で、過去のC.C.C.出品作からインスパイアを受けたチョコレートを集めた「トーキョーチョコレートボックス」やイラストレーターのカトーフレンド氏のポップで可愛らしいデザインを施した「アソートボックス」、東京の風景がパッケージに描かれた「スーベニアチョコレート」の商品も販売。 今年のトーキョーチョコレートの新商品を、この機会にぜひお楽しみください。

資料:商品リスト

●プレミアムセレクションボックス

No.1 薔薇

特徴:生で仕入れた朝摘みの薔薇の花びらを山形産の日本酒 純米大吟醸「出羽桜 一路」に漬けこみました。ベースには、ドミニカ産カカオ64%の力強いカカオ感のビターチョコレートを選び、そこに薔薇の香りと味わいを閉じ込めた日本酒をあわせ、気品のあるガナッシュに仕上げた一粒。2018年日仏友好160周年を祝して薔薇の花束を贈る気持ちをショコラで表現しました。(下写真左)

           

No.2 青紫蘇といちご

特徴:「青紫蘇」と「スカイベリー」を使用した三層のチョコレート。上段のガナッシュはブラジル産カカオ62%のチョコレートに生の青紫蘇のピューレを加え、下段のガナッシュにはエクアドル産カカオ66%のチョコレートにスカイベリーと日本酒 純米大吟醸「出羽桜 一路」を合わせました。二層の間に、スカイベリーのピューレを使用したパート・ド・フリュイをはさんでいます。 (上写真右)

No.3 赤酢

特徴:日本の伝統的な赤酢とみりんのチョコレートです。赤酢は、日本では昔から主に「江戸前寿司」のしゃりに使用されていました。ベースにカカオ感が強く、赤酢のフルーティーさと同じ系統の味わいのペルー産カカオ75%のチョコレートを使用。そこに3年以上熟成させて作り上げられた赤酢とまろやかな三河本みりん、こうばしい麦茶、甘く華やかな桜のエキスを香らせました。(下写真左)

           

No.4 五味のプラリネ

特徴:科学的に人が感ずる味覚の種類は五種で「五味」(酸味、甘味、うま味、塩味、苦味)と言います。これは五つのジャンルの味覚の良さをすべて集めて一粒にした五味のプラリネです。下の段にアーモンドのプラリネ、上の段にピスタチオのプラリネを2層に重ねました。それぞれのナッツは、日本の伝統的な調味料「煎り酒(いりざけ)」でキャラメリゼして風味豊かなプラリネに仕立てました。
注:「煎り酒」は日本酒に和素材を入れて煮詰めて作る、うまみが特徴の日本の伝統的な調味料です。(上写真右)

※販売に関して

・販売店舗:メリーズ カフェ/JR東京駅構内 地下1階グランスタ内 シーズンセレクト(銀の鈴広場横)
・販売日:10月22日(月)(催事場は10月22日(月)〜11月11日(日)までの期間限定販売)
・販売価格:4個入 1,728円(本体価格1,600円)


●みなも I-NA-MO

トーキョーチョコレートの代表作、「みなも」。川の流れにうつり、時間とともに変化していく情感あふれる東京の空をチョコレートで表現しました。ガナッシュの上に、お酒入りのパート・ド・フリュイを重ねています。東京の素材を使い“トーキョー”の魅力をご提案いたします。

◇いちじく×日本酒 對(たい)鴎(おう) <朝霧>

いちじくのピューレと東京で生まれた日本酒「對鴎」を少しスパイシーなパプアニューギニア産とインドネシア産のカカオを使ったミルクガナッシュに合わせました。 (下写真左)

           

◇ジョナゴールドのシードル <朝焼け>

青森産ジョナゴールドを100%使用して作られたシードルをインドネシア産とベネズエラ産のカカオをブレンドして作られたビターガナッシュに加えました。 (上写真右)

◇ゆず×日本酒 東京和醸 <青空>

爽やかなゆずの果汁と東京生まれの日本酒「嘉泉 特別純米 東京和醸」を合わせたビターガナッシュ。 (下写真左)

            

◇山ぶどうの赤ワイン <夕焼け>
東京都国立市の山ぶどうで作られた日本産ワインをマダガスカル産とインドネシア産のカカオをブレンドして作られたビターガナッシュに加えました。(上写真右)

●日本酒の素材 〜 田村酒造場 〜

東京都福生市で文政5年(1822年)創業。「丁寧に作って 丁寧に売る」を創業以来の家訓とし、時代をとらえた酒造りに邁進しています。

●ワイン・シードルの素材 〜 東京ワイナリー 〜

東京初のワインの醸造施設「東京ワイナリー」は2014年に東京都練馬区大泉学園で越後屋美和氏が
始めた東京初のワイナリーです。

※販売に関して

・販売店舗:JR東京駅構内 地下1階グランスタ内 シーズンセレクト(銀の鈴広場横)
・販売日:10月22日(月)〜11月11日(日)までの期間限定販売
・販売価格:4個入 1,728円(本体価格1,600円)


●トーキョーチョコレートボックス

サロン・デュ・ショコラ パリで発表した味わい×トーキョーの「今」をテーマに、創り上げたアソートボックス。C.C.C.金賞受賞作からインスパイアされた「柿」や「かぼす」のほか、「桜バルサミコ」、
みたらしを合わせた「抹茶」など和風の味わいや定番のナッツを使ったチョコレートも詰め合わせました。

  

     12個入 1,296円(本体価格1,200円)                    20個入 2,160円(本体価格2,000円)

  30個入 3,240円(本体価格3,000円)

※販売に関して

・販売店舗:JR東京駅構内 地下1階グランスタ内 シーズンセレクト(銀の鈴広場横)
・販売日:10月22日(月)〜11月11日(日)までの期間限定販売
・販売価格:上記に記載


●アソートボックス

アート×トーキョーチョコレートをテーマに、東京で活躍するイラストレーター「Cato Friend」氏と
コラボレーションしました。今回はスイーツをメインのテーマに、トーキョーとパリのモチーフをちりばめました。

   

      ◆アソートボックス(ドーナツ)              ◆アソートボックス(ソフトクリーム)
      9個入 1,080円(本体価格1,000円)           9個入 1,080円(本体価格1,000円)

 
       ◆アソートボックス(ケーキ)
        15個入 1,728円(本体価格1,600円)               ※リボン型のチョコレートは2枚重ねです。

<Cato Friend(カトーフレンド)氏について>

1984年生まれ。Cato Friend(カトーフレンド)は、モチーフの印象を透明感のある色彩で表現し、時にはパターンや文字を作品に組み込むことで、力強いメッセージを携えた、幻想的でユニークな作品を制作している。様々な媒体へのイラストレーションの提供から、プロダクト開発、ウィンドウディスプレイなど、クライアントワークの幅を広げつつ、国内外で展覧会を開催し、その世界観をつくりあげている。

※販売に関して

・販売店舗:JR東京駅構内 地下1階グランスタ内 シーズンセレクト(銀の鈴広場横)
・販売日:10月22日(月)〜11月11日(日)までの期間限定販売
・販売価格:上記に記載


●トーキョースーベニアチョコレート

日本や東京の素材を使ったチョコレートや、流行のスイーツをイメージしたチョコレートなど、レトロでモダンなトーキョーの魅力が詰まった、今までにない味わいを揃えました。トーキョーの風景をパッケージにしています。

    

左から@ヘーゼルナッツとグラノーラのチョコレート(55g)   Dアーモンドとクッキークランチのチョコレート(55g)
    A抹茶とあずきのチョコレート(60g)            Eショートケーキ仕立てのチョコレート(60g)

    
左からB塩とアーモンドのチョコレート(55g)           Fかぼすと柚子のチョコレート(55g)
    Cはじけるキャンディといちごのチョコレート(55g)    Gはじけるキャンディチョコレート(60g)

※販売に関して

・販売店舗:JR東京駅構内 地下1階グランスタ内 シーズンセレクト(銀の鈴広場横)
・販売日:10月22日(月)〜11月11日(日)までの期間限定販売
・販売価格:各540円(本体価格500円)

 

※このページの画像(GIF画像)をクリックすると解像度の高いJPEG画像が表示され、ダウンロードできます。

商品に関する一般のお問い合わせ
■株式会社メリーチョコレートカムパニー
〒143-8508 東京都大田区大森西7-1-14
電話 03-3763-0361(9:00〜17:00 土・日・祝祭日を除く) http://www.mary.co.jp

■報道関係者のお問い合わせは

・(株)メリーチョコレートカムパニー  広報宣伝部  
〒143-8508 東京都大田区大森西7-1-14  電話 03-3763-5115


・インフォメーションセンター 佐々木 勉
〒104-0061東京都中央区銀座1-22-10 銀座ストークビル401 電話 03-3563-3181 FAX 03-3562-5267

メールでのお問い合わせは     press@info-ginza.com                         このページの先頭へ