TOPへ      ■報道関係者のメールでのお問い合わせ           

 2017年10月

サロン・デュ・ショコラ パリ2017、いよいよ開催

メリーのプレステージブランドトーキョーチョコレートが今年も出展。

「東京爛漫」がテーマの2017年C.C.C.出品作を、日仏同時発売も!

代表作「みなも」も日仏で期間限定販売!

 

※画像(GIF画像)をクリックすると解像度の高いJPEG画像が表示され、ダウンロードできます。

株式会社メリーチョコレートカムパニー(本社・東京都大田区 社長:小屋松 儀晃)のプレステージブランド「トーキョーチョコレート™」は、2017年10月28日(土)からフランス パリで開催される「サロン・デュ・ショコラ パリ」に、日本最多17回目の出展をいたします。

サロン・デュ・ショコラ パリでは、フランスチョコレート愛好会 クラブ・デ・クロクール・ド・ショコラが出版するチョコレートのランキングガイド「ギド・デ・クロクール・ト・ショコラ」に出品した作品を集めた今年の新作「プレミアムセレクションボックス」を初披露!そのほか、トーキョーチョコレートの代表作であり、東京の日本酒・洋酒にこだわった「みなも」などを販売いたします。

2017年のコンセプト―東京爛漫―

爛漫(らんまん)とは、花が咲き誇る様子、そして光輝くさまのことを言います。今、まさにトーキョーは、光を放ち輝いています。
満々と花開くトーキョーをイメージして、ショコラにも古来から花見の花であった“梅”やトーキョーの花である“桜”をテーマしにたショコラ、そして、トーキョーで培われた粋な装飾工芸を象徴するモチーフをつけたショコラなど、東京爛漫をショコラで表現しました。

◇プレミアムセレクションボックス

日本では通常、バレンタインの時期のみに販売となる「プレミアムセレクションボックス」と「みなも」を、今年は期間限定で日仏同時販売が決定!トーキョーチョコレートショップ2店舗で、期間限定販売いたします。

販売店舗 :伊勢丹 新宿店/ 伊勢丹 浦和店
販売日   :10月28日(土)
販売価格 :4個入 1,728円(本体価格1,600円)

資料:商品リスト

No.1 柚子&山椒

特徴:“柚子”を皮だけではなく実を食べる感覚でとらえ、新たな柚子の魅力をショコラにしました。日本の名産地高知県北川村産の上品な香りの柚子を選び、果汁をフルーティーなエクアドル産カカオマスを使用したビターチョコレートのガナッシュに入れました。そこに高知県産の青い山椒の粒を仕込みの直前にすりつぶして入れ、フランス産のエキストラバージンオリーブオイルも加えました。最初、柚子果汁の味が広がり、清々しい青さを感じ、後に山椒がピリッと追い打ちをかける、次々と柚子の違った魅力が現われるよう工夫しました。

No.2 さくら

特徴:日本の伝統的な花、「桜」の花びらを蜜につけて、ピューレ状にし、エクアドル産カカオマスのビターチョコレートに合わせました。味わいに奥行きと、香りを出すために、抹茶がパウダー状になる前の茶葉「碾(てん)茶(ちゃ)」を抽出して混ぜ合わせました。ひと口食べると桜の香りがふわりと広がり、碾茶のうまみとさわやかな香りがあとから追いかけてきます。それはまるで春から初夏がやってきたような、季節の移り変わりをチョコレートで表現しました。

No.3 梅干し

特徴:日本のプラム「梅」が主役のチョコレートを創り上げました。一層目は梅のおいしさを最大限に引き出した「梅干し」の最高級品「南高梅」を使用。梅肉をペーストにし、梅のエキスとブラジル産カカオマスのビターチョコレートを合わせました。二層目にはミルク感とさっぱりとした後味が特徴のパプアニューギニア産カカオマスのミルクチョコレートに、みりんを加えてコクを出しました。うめの酸味からみりんの味わいに変化し、また梅の酸味に戻ります。1粒で何度も味の変化が訪れる、興味深いひと粒に仕上げました。

No.4 和のプラリネ

特徴:日本の七種の宝、“七宝”<しっぽう>をイメージ。7つの素材の味わいが調和する和の二層のプラリネです。下の層は、アーモンドを三河本みりん(伝統的な手法で作られた和のうまみの素)と和三盆糖(高級和菓子に使われる砂糖)でキャラメリゼしたものをベースに、ボリビア産カカオマスのビターチョコレート、ごまのプラリネ、火にかけた醤油を加えたプラリネです。上の層は、本みりんと和三盆糖でシチリア産ヘーゼルナッツをキャラメリゼし、パプアニューギニア産カカオマスのミルクチョコレートにあわせたプラリネ。いずれのプラリネもカリカリした食感が残るようナッツを粗挽きにしました。

No.1 柚子&山椒 No.2 さくら No.3 梅干し No.4 和のプラリネ

◇みなも MI-NA-MO 

トーキョーチョコレートの代表作、「みなも」。川の流れにうつり時間とともに変化していく情感あふれる東京の空をチョコレートで表現しました。
ガナッシュの上に、お酒入りのパート・ド・フリュイをそっと重ねています。東京の素材を使い“トーキョー”の魅力をご提案いたします。

4個入1,512円(本体価格1,400円)

いちじく×日本酒 東京盛

いちじくのピューレと東京で生まれた日本酒「東京盛」を少しスパイシーなパプアニューギニア産とインドネシア産のカカオを使ったミルクガナッシュ。

ゆず×日本酒 丸眞正宗

爽やかなゆずの果汁ときりっとした辛口が特徴の東京生まれの日本酒 「丸眞正宗」を合わせたビターガナッシュ。

ふじのシードル

甘酸っぱい国産の林檎を使い、東京で作られたシードルをインドネシア産とベネズエラ産のカカオをブレンドして作られたビターガナッシュ。

山ぶどうの赤ワイン

山ぶどうで作られた東京産ワインをマダガスカル産とインドネシア産のカカオをブレンドして作られたビターガナッシュ。

いちじく×日本酒 東京盛 ゆず×日本酒 丸眞正宗 ふじのシードル 山ぶどうの赤ワイン

参考


●日本酒の素材 ~ 小山酒造 ~

明治11年に創業し東京23区で唯一続く造り酒屋「小山酒造」(こやましゅぞう)。
「みなも」に使用した「丸眞正宗」はきりっとした辛口の味わいで、「東京盛」は復刻した最高級の純米大吟醸の日本酒です。

●ワイン・シードルの素材 ~ 東京ワイナリー ~

東京初のワインの醸造施設「東京ワイナリー」。みなもに使用した「シードル」は国産のふじを使った爽やかな味わいで、「赤ワイン」は山ぶどうで作り上げた一品です。


※商品に関する一般のお問い合わせ先

株式会社メリーチョコレートカムパニー お客様サービスセンター
電話 03-3763-0361(9:00~17:00 土・日・祝祭日を除く) http://www.mary.co.jp

■メールでのお問い合わせは    press@info-ginza.com

■報道関係者のお問い合わせは
(株)メリーチョコレートカムパニー 広報宣伝部      
〒143-8508 東京都大田区大森西7-1-14  電話 03-3763-5115

インフォメーションセンター 佐々木 勉
〒104-0061東京都中央区銀座1-22-10 銀座ストークビル401 
電話 03-3563-3181 FAX 03-3562-5267