TOPへ      ■報道関係者のメールでのお問い合わせ           

 2017年10月

2年連続最高位 金賞受賞

世界最大のチョコレート展サロン・デュ・ショコラ パリにて

メリーチョコレートのプレステージブランド「トーキョーチョコレート」が

金賞受賞 国内最長出展・最多受賞継続

 

※画像(GIF画像)をクリックすると解像度の高いJPEG画像が表示され、ダウンロードできます。

高級ギフトチョコレートをはじめとした洋菓子・スイーツを製造・販売する株式会社メリーチョコレートカムパニー(本社・東京都大田区 社長:小屋松 儀晃)のプレステージブランド「トーキョーチョコレート」は、2017年10月28日(土)フランス パリにて開催されている世界最大のチョコレート展サロン・デュ・ショコラにてフランスのチョコレートの格付けで権威のあるC.C.C.(フランスチョコレート愛好会)より最高位の金賞を2年連続で受賞しました。

今年の出展作品は「東京爛漫」をコンセプトに咲き誇る花や日本の美しさを表現しました。「梅」や「桜」をモチーフにしたチョコレートや日本の伝統的な装飾を施したチョコレートは審査員から高く評価を受けました。シェフショコラティエ大石が「フランス人に馴染みのない物を提案するという事は大きな挑戦だった」と語るように、ショコラの「和のプラリネ」は高品質な和の素材を用い、挑戦的かつ意欲的な試みと評価されゴールドタブレット(金賞)受賞という素晴らしい結果につながりました。またショコラの「さくら」には「日本の伝統的な花である、さくらの春から夏への季節の移ろいを口の中で感じる」とコメントを頂きました。

ゴールドタブレット&C.C.C.出品商品  主催者・大石とオープニングセレモニーにて

シェフショコラティエ大石


総括として審査員からは「サロン・デュ・ショコラへ出展したアジア初のブランドで、みなものように我々が知らなかった素材を取り入れ、チョコレート業界を覆した。トーキョーチョコレートのボンボンショコラを食べると、まさに職人芸であると気付かされる。全てが完璧な熟練を極めている。」と絶賛されました。メリーチョコレートは昨年2016年には日本では初となるC.C.C.アワードを受賞し、2000年より国内では最多出展・最多受賞記録を更新しています。

柚子&山椒
柚子を皮だけでなく実を食べるような新しい柚子の魅力を表現。

さくら
蜜につけピューレにした桜の花びらと碾茶のうま味を混ぜ合わせました。

梅干し

梅肉ペーストと梅エキスにみりんのコクが広がり、何度も味が変化します。

和のプラリネ
7種の宝、“七宝”をイメージ。7つの素材の味わいが調和するプラリネです。


※商品に関する一般のお問い合わせ先

株式会社メリーチョコレートカムパニー お客様サービスセンター
電話 03-3763-0361(9:00~17:00 土・日・祝祭日を除く) http://www.mary.co.jp

■メールでのお問い合わせは    press@info-ginza.com

■報道関係者のお問い合わせは
(株)メリーチョコレートカムパニー 広報宣伝部      
〒143-8508 東京都大田区大森西7-1-14  電話 03-3763-5115

インフォメーションセンター 佐々木 勉
〒104-0061東京都中央区銀座1-22-10 銀座ストークビル401 
電話 03-3563-3181 FAX 03-3562-5267