TOPへ   ■報道関係者のメールでのお問い合わせ  

                                                                2017年1月

いよいよサロン・デュ・ショコラ東京2017開催。メリーのプレステージブランド
トーキョーチョコレートがパリでの絶賛を日本で再現!!

最高位のゴールドタブレット、日本唯一の2016C.C.C.アワード受賞 感動のショコラ披露

◇C.C.C.も賞賛!2016C.C.C.アワード受賞作品 「プレミアムセレクションボックス」
◇東京の日本酒、洋酒にこだわった 代表作「みなも」
◇サロンでおしゃれにイートイン。「カカオパルプスムージー フィンガーライム添え」
◇ついに大人気アニメ『ワンピース』とコラボ!「ルフィコレクション」「ローコレクション」

※画像(GIF画像)をクリックすると解像度の高いJPEG画像が表示され、ダウンロードできます。


株式会社メリーチョコレートカムパニー(本社・東京都大田区、社長・小屋松儀晃)は、 のプレステージブランド「トーキョーチョコレート™」は、2017年2月2日(水)から今年はより大規模に有楽町国際フォーラム イベントホールEで開催される三越伊勢丹主催「サロン・デュ・ショコラ2017」に出展いたします。2016年10月にフランス パリで行われた「第22回サロン・デュ・ショコラ パリ」に出品し、フランスチョコレート愛好会 クラブ・デ・クロクール・ド・ショコラが出版するランキングガイド「ギド・デ・クロクール・ト・ショコラ」にて、最高位のゴールドタブレットを獲得、さらに格上の2016年アワードを受賞した、感動のショコラで展開いたします。

また、おしゃれにサロンでイートインしたい「カカオパルプスムージー フィンガーライム添え」や東京のかわいい文化が詰まったネコブームにちなんだパリとトーキョーのネコシリーズ。そしてついにあの日仏で大人気のアニメ『ワンピース』とのコラボ商品など、話題満載で、伝統と最先端の文化が共存する“トーキョー”のショコラをご提案いたします。

<1>プレミアムセレクションボックス

「東京 美味礼賛」 ―すべての食は東京に通ず―

美食の地として世界にも名高い東京。 東京には、江戸時代から全国の選りすぐりの 産物が集まり、職人が厳選し「東京流」の洗練された美味を創り上げてきました。

トーキョーチョコレートのショコラティエが、今回、九州地方の特産品 カボスや焼酎をはじめ、京都の宇治抹茶、長野の市田柿など、和のニュアンスがほどよく香る素材を選びました。フランスのブリア・サヴァラン著「美味礼賛」にあやかり、美食の都「トーキョー」をチョコレートで世界にプレゼンテーションした一品です。

  

<商品情報>

商品名:プレミアムセレクションボックス
価格:1,728円(本体価格1,600円)
個数:4個入

No.1 柿(Kaki)

特徴:1層目は干し柿をペーストにしたジュレ。 2層目は干し柿のペーストと熊本の球磨焼酎を使用した ガナッシュ。チョコレートなのに和菓子のようなエキゾチックさもあり、日本の優しさを感じる一粒です。 下写真左

      

No.2 宇治抹茶とみたらし(Ujimatcha et“Mitarashi”)

特徴:1層目は宇治抹茶とベネズエラ産カカオのホワイトチョコレート を使ったガナッシュ。 2層目は甘しょっぱい醤油ベースのソース「みたらし」をコスタ リカ産カカオのミルクチョコレートに使ったガナッシュ。 この1粒で、抹茶とともにみたらしの和菓子を一緒に食べる野趣 あふれる野点(のだて)を表現しました。 天面に折り鶴をデザインしました。上写真右

No.3 ほうじ茶のプラリネ(Praliné de Hôjicha)

特徴:イタリアのシチリア産のヘーゼルナッツを使い、熊本産の緑茶を ショコラティエ自ら丁寧に焙じて香ばしいほうじ茶にし、風味豊かな和の趣のプラリネを作りました。 天面には、日本古来からの文様、市松模様を日本の美を表す金色で描きました。 下写真左

     

No.4 カボス (Kabosu)

特徴:九州産のカボスの果汁と麦焼酎をチョコレートに混ぜ合わせて ガナッシュを作りました。フルーティーな味わいのカカオパルプ を加え、酸味を少し緩和しマイルドに仕上げながら、カボス本来の味わいを活かして創り上げました。 九州の有田焼のお皿をイメージしたプレートをのせました。 上写真右


<2>みなも MI-NA-MO 

トーキョーチョコレートの代表作、「みなも」。川の流れにうつり時間とともに変化していく情感あふれる東京の空をチョコレートで表現、ガナッシュの上に、お酒入りのパート・ド・フリュイをそっと重ねています。「みなも」はより東京の素材にこだわり、東京23区で唯一続く造り酒屋、小山酒造の幻の銘酒を復刻した「東京盛」や東京初のワイン醸造所「東京ワイナリー」のワインやシードルを使用。“トーキョー”の魅力をご提案いたします。

<商品情報>

商品名:みなも
価格:1,512円(本体価格1,400円)
個数:4個入

いちじく×日本酒 東京盛
いちじくのピューレと東京で生まれた日本酒の東京盛を少しスパイシーなパプアニューギニア産とインドネシア産のカカオを使ったミルクガナッシュに合わせ、パート・ド・フリュイを重ねました。下写真左

              

ゆず×日本酒 丸眞正宗
 爽やかな香りが広がるゆずの果汁ときりっとした辛口が特徴の東京生まれの日本酒 丸眞正宗を合わせたビターガナッシュに、パート・ド・フリュイを重ねました。 上写真右

紅玉のシードル

甘酸っぱい日本産の林檎を使い、東京で作られたシードルをインドネシア産とベネズエラ産のカカオをブレンドして作られたビターガナッシュに加え、パート・ド・フリュイを重ねました。 下写真左

      

山ぶどうの赤ワイン

山ぶどうで作られた東京産ワインをマダガスカル産とインドネシア産のカカオをブレンドして作られたビターガナッシュに加え、パート・ド・フリュイを重ねました。上写真右

日本酒の素材 〜 小山酒造 〜

明治11年に創業し東京23区で唯一続く造り酒屋「小山酒造」(こやましゅぞう)。「みなも」に使用した「丸眞正宗」はきりっとした辛口の味わいで、「東京盛」は復刻した最高級の純米大吟醸の日本酒です。

ワイン・シードルの素材 〜 東京ワイナリー 〜

東京初のワインの醸造施設「東京ワイナリー」。みなもに使用した「シードル」は日本産の紅玉を使った爽やかな味わいで、「赤ワイン」は山ぶどうで作り上げた一品です。


<3>カカオパルプスムージー フィンガーライム添え

カカオ豆を囲む白い綿のようなカカオパルプ。なかなか手に入らない珍しい素材に着目しシロップと天然水を加えて新感覚のスムージーを開発しました。ブラジルのカカオパルプを使った、ほんのり南国の味わい。今年は新たに「フィンガーライム」をトッピングしました。フィンガーライムは「森のキャビア」と呼ばれるフルーツで、プチプチ食感とほどよい酸味が特徴です。
東京の「サロン・デュ・ショコラ2017」の実演で展開いたします。

<商品情報>

商品名:カカオパルプスムージー
価格:540円(本体価格500円)

 

 


 

<4>トーキョーチョコレート × ワンピース  ルフィコレクション・ローコレクション           数量限定販売

東京の文化をさまざまな形で表現するトーキョーチョコレートが、今年は『ONE PIECE』と出会い、スペシャルな逸品が誕生。
カカオ豆を手にしたルフィデザイン缶は完全描きおろしで、中には麦わらの一味それぞれからインスパイアされた異なるフレーバーを9種類詰め合わせました。海賊同盟を結ぶ人気のキャラクター、ローのデザイン缶もご用意。アフターユースでも大活躍間違いなしの限定缶はワンピース好きにはたまらない一品です。

 

 

  商品名:ルフィコレクション                       商品名:ローコレクション
  価格:2,160円(本体価格2,000円)                  価格:2,160円(本体価格2,000円)
  個数:9個入                               個数:9個入


<展開概要>

サロン・デュ・ショコラ2017
有楽町国際フォーラム ホールE 
2017年2月2日(木)〜5日(日)

<イベント出演情報>

1.スペシャルトークショー

「Tokyo ショコラとSAKÉ JAPONAIS(日本酒) の出逢い 〜 サロン・デュ・ショコラ パリ デギュスタシオンより 〜」
日時:2月1日(水)18:00 約60分
会場:東京国際フォーラム ホールE=イベントスペース
※MIカード会員様限定イベント

2.サロン・デュ・ショコラ2017トークショー東京

日時:2月2日(木)17:30 約45分
会場:東京国際フォーラム ホールE=イベントスペース



「トーキョーチョコレート」のブランドコンセプト

2009年10月「サロン・デュ・ショコラ パリ」で「トーキョー チョコレート」が誕生しました。国際的に開かれ、最先端なモード を常に世界へ発信しながらも、古くから築かれ、町人文化も共存 している都市“東京”。常に新しい何かを生み出し、世界に発信するエネルギー、そして決して風化されず、なお新しく感じられる人と人とが築いた文化の融合、不思議な魅力をもつ国際都市“東京” そのものをコンセプトにしました。東京に息づいた様式美や美意識を 現代の日本の感性でアレンジしたチョコレートをサロンで発表しています。

※画像(GIF画像)をクリックすると解像度の高いJPEG画像が表示され、ダウンロードできます。


○商品に関する一般のお問い合わせ先
株式会社メリーチョコレートカムパニー お客様サービスセンター
電話 03-3763-0361(9:00〜17:00 土・日・祝祭日を除く) http://www.mary.co.jp

■メールでのお問い合わせは    press@info-ginza.com

■報道関係者のお問い合わせは

(株)メリーチョコレートカムパニー 広報宣伝部 小林/川名/内田/高井     
〒143-8508 東京都大田区大森西7-1-14  電話 03-3763-5115

インフォメーションセンター 佐々木 勉
〒104-0061東京都中央区銀座1-22-10 銀座ストークビル401 
電話 03-3563-3181 FAX 03-3562-5267