TOPへ   ■報道関係者のメールでのお問い合わせ 

2015年4月16日

 「リタ竹鶴クッキー」新発売!
リタさんの故郷、スコットランドをイメージ
マッサンへの愛とやさしさは時を越えて
思い出の地“北海道”にて限定先行販売!


株式会社メリーチョコレートカムパニー(本社・東京都大田区、社長・吉田 宏)は、日本のウイスキーの祖、竹鶴政孝氏の妻 リタさんの故郷、スコットランドの焼き菓子をイメージした、「リタ竹鶴クッキー」を、4月24日より北海道の百貨店、お土産店より限定先行販売します。

【リタ竹鶴クッキー】

リタさんは、夫の竹鶴政孝氏を「マッサン」と呼び、深い愛情で支えました。特に家族と過ごすお茶の時間を大切にし、そこにはいつも故郷のスコットランド仕込みの手づくりお菓子と笑顔がありました。「リタ竹鶴クッキー」は、リタさんの孫である“竹鶴孝太郎氏”に、幼少期の甘く温かい思い出のリタ(おばあちゃん)の焼き菓子をイメージして監修いただいた、懐かしい味わいのクッキーです。

メリーは2010年6月、創業60年記念として、日本の美しさと地球環境の保護の大切さを知っていただくために、ユネスコの世界遺産として登録されているモン・サン=ミシェルの地に、桜の苗木を植樹しました。その植樹の日に、日本のおいしいクッキーとして振る舞われたのが“ルボヌール”でした。
時を越えて、リタさんの愛とやさしさが伝わる焼き菓子「リタ竹鶴クッキー」は4月24日より、彼女の思い出の地“北海道”の百貨店、お土産店より限定先行販売します。

味わいはバターとスパイスの2種類。バターは北海道産を使用し、濃厚で風味豊かな味わいです。スパイスは北ヨーロッパ、スコットランド菓子をイメージしたシナモンなどを生地に練り込みアクセントを効かせました。素材の持ち味を活かしたシンプルで家庭的なクッキーです。
パッケージデザインのタータンは、リタさんの実家で代々受け継がれてきた模様です。 また、クッキーの包みにはリタさんからマッサンへの愛とやさしさが表されたエピソードが記されています。エピソードの数は15種類。リタさんとマッサンの素敵なストーリーを発見できるかもしれません。

◆エピソードの一例を紹介
・ リタと政孝は、スコットランドの習慣でもある午後3時のお茶を終生大切にしていた。
・ リタが政孝と出会ったのは、リタの妹に誘われた実家の午後のお茶会(アフターヌーンティー)だった。

   

  【リタ竹鶴クッキー10枚入 648円】         【リタ竹鶴クッキー20枚入 1,296円】

 





【リタ竹鶴】

スコットランド出身。夫は日本のウイスキーの祖、竹鶴政孝氏。彼女は家族とのティータイムをとても大切にされました。孫であり、「リタ竹鶴クッキー」を監修いただいた竹鶴孝太郎氏も幼少の頃、そのティータイムをともに過ごされ、当時の様子を伺うことができました。そこには手づくりのスコーンと自家製ジャム、アスパラやキュウリ、卵のティーサンドウィッチ、また甘さを控え素材の持ち味を活かしたクッキーが添えられるなど、手間を惜しまず、家族とのティータイムが特別な時間であったことが伺えます。リタさんにとってティータイムはスコットランドから持ち込んだ、心が落ち着く、変えられない習慣であったようです。
リタさんのありのままの姿が伺える写真展「『マッサンの妻』が愛した家族、暮らし、夢・・」が、5月13日〜26日の期間限定で、大丸札幌店6階紳士服売り場エスカレーター横にて開催されます。

 

 


【リタ竹鶴クッキーの特徴】

@ 日本のウイスキーの祖、竹鶴政孝氏の妻リタさんの故郷、スコットランドの焼き菓子をイメージした、「リタ竹鶴クッキー」。
A リタさんの孫である"竹鶴孝太郎氏"に、幼少期の甘く温かい思い出のリタ(おばあちゃん)の焼き菓子をイメージして監修いただいた、懐かしい味わいのクッキー。
B 4月24日より、リタさんの思い出の地"北海道"の百貨店、お土産店より限定先行販売。
C 味わいはバターとスパイスの2種類。バターは北海道産を使用し、濃厚で風味豊かな味わい。スパイスは北ヨーロッパ、スコットランド菓子をイメージしたシナモンなどを生地に練り込みアクセントを効かせる。素材の持ち味を活かしたシンプルで家庭的なクッキー。
D パッケージデザインのタータンは、リタさんの実家で代々受け継がれてきた模様。
E クッキーの包みにはリタさんからマッサンへの愛とやさしさが表されたエピソードが記される。エピソードの数は15種類。


 <商品に関する一般のお問い合わせ先>
電話 03-3763-0361(9:00〜17:00 土・日・祝祭日を除く) http://www.mary.co.jp


このページの画像(GIF画像)をクリックすると解像度の高いJPEG画像が表示され、ダウンロードできます。


■報道関係者のお問い合わせは

(株)メリーチョコレートカムパニー  広報宣伝部 小林/山本/川名     
〒143-8508 東京都大田区大森西7-1-14  電話 03-3763-5115

インフォメーションセンター 佐々木 勉
〒104-0061東京都中央区銀座1-22-10 銀座ストークビル401 
電話 03-3563-3181 FAX 03-3562-5267

報道関係者のメールでのお問い合わせは   press@info-ginza.com   このページの先頭へ

■リリースの同報配信お申し込みフォームについて

メリーチョコレートの報道リリースは、報道向けWEBページでの閲覧・ダウンロード、同報配信でも行っています。まだ同報配信を受けていない報道関係の皆様で、今後、同報配信をご希望の方は以下フォームからお申し込下さい。より早く、確実にリリースを受信できるようになります。※リリースの同報配信お申し込みフォームはこちらから