TOPへ   ■メールでのお問い合わせ  
2011年11月

フランス最高職人賞(MOF)受賞のブルーノ ル・デルフ氏監修

11/10、メリーチョコレートのヒット商品「シューラスク」にストロベリーが新発売!

モン・サン=ミシェルの日本初出店レストラン「ラ・メール・プラール」

「テラスモール湘南」他のメリーショップで展開


株式会社メリーチョコレートカムパニー(本社・東京都大田区、社長・吉田 宏)は、MOF(フランス最高職人賞)取得のブルーノ ル・デルフ氏がプロデュースし、ヒットを続けている焼き菓子「シューラスク」の新アイテム ストロベリーを11月10日(木)「テラスモール湘南」のオープンにむけて発売をいたします。

「シューラスク」は、ブルーノル・デルフ氏がフランスのノルマンディー地方の出身であることから、その地方にある世界遺産として名高いモン・サン=ミシェルの岩山の形に作ったかわいい山型の焼き菓子です。シューの形でありながら、バターを入れてしっかり2度焼き上げたカリっとした食感が、フランスの地方菓子を思わせる創作菓子で、生地にはモン・サン=ミシェルに近い塩の名産地ゲランドの塩をほんのりきかせているのが特徴です。バター、塩、チョコレートの絶妙な味わいのハーモニーと食感が好評で、発売から着実に多くのお客様の支持を得てまいりました。発売当初からのスイートチョコレートの味わいに加え、9月にオープンしたエキュート赤羽の出店の際に、ホワイトチョコレートを新発売。ル・デルフ氏から「フルーツの味わいを」という提案で、この度「テラスモール湘南」へのメリーチョコレートショップ出店の機会に「シューラスク(ストロベリー)」を新発売いたします。オープンの11月11日(金)には、テラスモール湘南の店頭にプロデュースしたル・デルフ氏本人を迎え、テイスティングプロモーションを実施。(エキュート赤羽では11/10に先行発売)また、ル・デルフ氏の故郷にちなみ、この度8月に日本で初出店したモン・サン=ミシェルのレストラン「ラ・メール・プラール」の店頭でも11月16日(水)より発売することになりました。

シューラスク(ストロベリー)の展開で、スイートチョコレー ト、ホワイトチョコレートと3種類が揃い、自家消費、パーソナルギフトとしての需要を喚起し、シェアの拡大を図ります。


<「シューラスク(ストロベリー)」商品の特徴>
1.
MOF(フランス最高職人賞)を受賞したブルーノ ル・デルフ氏が監修したヒット商品の新アイテム。
2.
モン・サン=ミシェルをイメージした形
3.
ほんのりとした塩(フランス、ゲランドの塩)の味わいとバターの味わいにフルーティーなストロベリーのチョコレートをあわせて、彩りもよく親しみやすい味わい
4.
3種類の味がそろい、組み合わせておしゃれなギフトにも最適。

<シューラスク(ストロベリー)商品・販売概要>
●商品名 シューラスク(ストロベリー)
●価格 525円(本体価格 500円)
●内容量 8個入
●内容 MOF(フランス最高職人賞)を取得したブルーノ ル・デルフ氏がプロデュースした焼き菓子。フランスのノルマンディー地方の出身であることにちなみ、出身地に近い、世界遺産モン=サン・ミシェルの形をモチーフにした。ラスクとは2度焼きのことをいうため、一度は弱火でじっくり焼き、二回目にはさらに弱火で乾燥させるようにしっかり火を入れた丁寧な仕上がり。ノルマンディー地方によくみられる塩味のスイーツを作るため、生地にフランスの岩塩をいれた。
ボトムにストロベリーのチョコレートをコーティングした。
その他、スイートチョコレートとホワイトチョコレートがあり全3種類。
シューラスク(ストロベリー)
シューラスク(ストロベリー)パッケージ
ブルーノ ル・デルフ氏
このページの画像(GIF画像)をクリックすると解像度の高いJPEG画像が表示されダウンロードできます

<テラスモール湘南>
2011年11月11日(金)にオープンするJR東海道線 辻堂駅北口に直結する地上4階建て(一部5階)、延床面積17万平方mの大型商業施設。食料品などを展開する「湘南マルシェ」(グルメワールド)や洋品や雑貨の「モール」や映画館などがあり、281店舗が並ぶ。家の延長でありながら外の自然も感じられ、人と人とが自然に声を掛け合う「テラス」のような施設をイメージしている。
■交通 JR東海道線 辻堂駅 北口直結
■メリーショップ  1F 湘南マルシェ
チョコレートやマロングラッセ、焼き菓子などを展開。

<ラ・メール・プラール>
フランスの世界遺産「モン・サン=ミシェル」で1000年の歴史と伝統を受け継いできたレストラン「ラ・メール・プラール」の日本初展開のフレンチレストラン。看板メニューは、ふわふわのオムレツでモン・サン=ミシェルの名物となっている。赤い服を着た料理人が、リズミカルな音をたてて、卵を泡立てているモン・サン=ミシェル現地で有名な実演を日本のレストランでも再現。2011年8月にオープン。
■交通 JR有楽町駅 徒歩1分 東京駅 徒歩5分
地下鉄 有楽町線 有楽町駅とB1階コンコースにて連絡
■建物名 東京国際フォーラム内
■営業時間 カフェ 11:00〜21:00
■展開 カフェ内でシューラスクを販売 11月15日より

商品に関する一般のお問い合わせ
電話 03-3763-0361(9:00〜17:00 土・日・祝祭日を除く)
http://www.mary.co.jp

■メールでのお問い合わせは    press@info-ginza.com