TOPへ   ■メールでのお問い合わせ  
2011年10月

「200年ラスク」新発売!メリーチョコレートが金谷ホテルベーカリーとコラボ

足し算ではなく、「逸品×逸品」掛け算の味わいに

金谷ホテルベーカリーのロイヤルラスクに、ミルクチョコレートをハーフコーティング


世界遺産 日光の由緒ある高級リゾートホテルとして知られる金谷ホテルをルーツとする株式会社金谷ホテルベーカリー(本社・栃木県日光市、社長・申橋 弘之)と、株式会社メリーチョコレートカムパニー(本社・東京都大田区、社長・吉田 宏)がコラボレーションしたラスクを新発売することになりました。金谷ホテルベーカリーの看板商品ロイヤルブレッドから作られるロイヤルラスクに、メリーのミルクチョコレートをコーティングした本物志向のラスク。創業138年の金谷、創業61年のメリー。両社の伝統に新たなコラボ元年を記念して「200年ラスク」とネーミングし、10月15日より全国発売します。

常にまがい物ではない本物を求め続ける両社の自慢の逸品がカップリング、「逸品プラス逸品」という足し算ではなく、「逸品×逸品」の掛け算の本格的な味わいに仕上げました。販売は金谷ホテルベーカリー直営店・特約店、全国の百貨店内メリーチョコレート売り場双方で展開いたします。


<「200年ラスク」 の特徴>
1.金谷ホテル伝統の味を提供する金谷ホテルベーカリーとメリーチョコレートのコラボレーション。
2.商品名は、創業138年の金谷と創業61年のメリー、それぞれの創業年にコラボ元年をプラスして「200年ラスク」とネーミング。
3.金谷ホテルベーカリーの看板商品ロイヤルブレッドから作られるロイヤルラスクを使用。メリーのカカオの香り豊かなミルクチョコレートをハーフコーティングした本物志向のラスク。
4.バターの風味豊かなサクサクとした食感とコクのある深い本格派の味わい。

<「200年ラスク」 商品・販売概要>
●商品名 「200年ラスク」
●価格 1,050円(税込み)
●内容量 8枚
●販売開始 2011年10月15日(木)
●展開店舗 金谷ホテルベーカリー 直営店・特約店
全国の百貨店メリーチョコレートショップ他
販売店は、金谷ホテルベーカリーホームページ (http://www.kanayahotelbakery.co.jp)、
メリーチョコレートホームページ(http://www.mary.co.jp)で紹介。
このページの画像(GIF画像)をクリックすると解像度の高いJPEG画像が表示されダウンロードできます

<金谷ホテルベーカリー>
1873年(明治6年)にカナヤ カッテイジ・インを開業以来、脈々と受け継がれた一流の味。その味を専門に追究し、外販するため、1968 年に株式会社金谷ホテルベーカリーが誕生。現在では「ロイヤルブレッド」「金谷ホテル百年ライスカレー」をはじめ伝統や歴史のつみ重ねを大切にしつつ、その中で時代に即応した革新的な製品を生み出している。
●金谷ホテルベーカリーURL http://www.kanayahotelbakery.co.jp/

<メリーチョコレートの最近のコラボレーション例>
●2011年2月、JT(本社:東京都港区、社長:木村 宏)とカフェモカ、ルーツエクスプローラー「カフェモカ」でコラボレーション。

●2011年6月、大震災で被災した宮城県気仙沼市の株式会社男山本店とコラボ、「伏見男山 本醸造」を使用したトリュフチョコレートを東北エリア限定で発売。


商品に関する一般のお問い合わせ
電話 03-3763-0361(9:00〜17:00 土・日・祝祭日を除く)
http://www.mary.co.jp

■メールでのお問い合わせは    press@info-ginza.com