TOP
株式会社ビバリー ホームページ
Archive
問い合わせMail

2017年9月


藤井聡太四段の活躍で空前の将棋ブーム

ビバリーのガイド付将棋ゲーム「マスター将棋」が大人気

今や将棋は若者を中心にした日本社会の最先端をいく文化

 

※画像(GIF画像)をクリックすると解像度の高いJPEG画像が表示され、ダウンロードできます

史上最年少で四段昇段の中学生プロ棋士、藤井聡太四段の活躍で空前の将棋ブーム。そんな中、わかりやすく将棋や囲碁、チェスなどの伝統的なボードゲームの初歩を教えてくれる製品を発売している玩具、ゲーム用品メーカーの株式会社ビバリー(本社:東京都中央区、代表取締役:神下英輝)が2010年10月に発売した ガイド付将棋ゲーム「マスター将棋」(税込3,024円)が、生産が追い付かないほどの人気だ。

「マスター将棋」は初心者向けに将棋の「いろは」、「ABC」を教えてくれる製品で、駒の動きやスタート配置などのガイドがついているのが最も大きな特徴。8種類(王将・玉将 、金将 、銀将、桂馬 、香車 、飛車 、角行 、歩兵)の駒にそれぞれ動きを示したガイドが印刷されていて、初心者でもすぐに駒を動かすことができる。またボードのマスには、スタート時に配置する駒のマークが描かれており、駒の配置に迷うこともない。やがて駒の動きを覚えたら、セットに含まれるシールを駒に貼ればガイドは隠れ普通の将棋としてプレイできる。

発売から昨年までは少しずつ売れるという状況であったが、今年に入っての藤井四段の快進撃で、幼い頃から将棋を覚えたいという人が増え、品切れ状態が続いてきた。藤井四段の活躍が話題になる以前の約7倍の売れ行きで、これからクリスマスに向けては前年比10倍を目標としている。
藤井四段の活躍に刺激され、子どもが親にせがんだり、逆に親が自分の子どもにも教えてあげたい、あるいは親世代が改めて将棋を習いたいといった傾向が目立つ。

将棋というと、従来は地味で堅苦しい、年寄くさいイメージを抱く人が多かったが、今や将棋は日本社会の最先端をいく若者を中心にした新感覚の文化となっていきそうだ。

<「マスター将棋」製品概要>

■製品名      :  「マスター将棋」
■税込価格     : 3,024円
■発売日      : 2010年10月14日(木)
■対象年齢      : 7歳以上
■セット内容    : 駒40枚、シール98枚、簡単スタートブック1冊、ボード(2つ折り)1枚、解説書1枚
■パッケージサイズ : 360×240×60o
■素材        : 駒:PS     ボード・シール・解説書・PKG:紙


 

                                               

  この件に関する取材のお問合せは以下にお願いします
  ■株式会社ビバリー 田口 九
東京都中央区銀座8−10−6 銀座MEビル(〒104-0061)
電話 03-3572-4972(代) FAX 03-3571-3907

  ■インフォメーションセンター 佐々木 創平
東京都中央区銀座1-22-10 銀座ストークビル(〒104-0061)
電話 03-3563-3181  FAX 03-3562-5267
E-Mail sohei@info-ginza.com

同報配信をご希望の方は以下の申し込みフォームからお申し込下さい。より早く確実にリリースを受信できるようになります。
リリースの同報配信お申し込みフォーム(報道関係者限定)

このページの先頭へ