2014年10月

二者択一の選択を迫る宴会、パーティゲーム用品

ビバリーが「究極の選択トランプ」を発売

どっちも好きの贅沢、どっちも嫌の最悪


これから多くなる忘年会、飲み会、合コンなどの場を盛り上げてくれる宴会、パーティゲーム用品が登場する。

玩具、ゲーム用品メーカーの株式会社ビバリー(本社・東京都中央区銀座、代表取締役社長・神下英輝)が、11月14日より発売する「究極の選択トランプ」がその商品。価格は各1,000円(本体価格)で、全国の文具店、玩具店、百貨店、量販店などで販売する予定。

同社が手掛ける「罰ゲームトランプ」の一種。トランプのフェイス(数字面)に様々な二者択一、究極の選択が書かれている。対極にあるどちらか一つを選択したい内容、どちらも選択したくて悩む贅沢な内容、どちらも選択したくない嫌な内容が混じる。札の巡り、運でどのような究極の選択に迫られるかが決まる。

選ぶなら?

・何ひとつ悩みがない貧しい生活 or 不満と悩みだらけのリッチな生活
・タイムトラベルするなら 200年前 or 200年後
・見えちゃうなら? 幽霊 or 人間の心
・食べるなら? カレー味のうんこ or うんこ味のカレー
といった内容。

ゲームはカードをめくり、カードの質問にどちらかを選ばなければならない。本来の罰ゲームはカードに書かれた内容を忠実に実行しなければならないが、こちらは同じ罰ゲームでも実行するには余りにも究極すぎるから選択するだけ。しかし、どちらを選択するかでその人となりが分かる。これで付き合いのなかった参加者同士が互いを理解し、親密感をいやが上にも深めてくれる。


<究極の選択トランプ>新製品概要

■製品名     「究極の選択トランプ」
■本体価格     1,000円
■発売日      11月14日
■発売場所     全国の文具店、玩具専門店、百貨店、量販店など
■セット内容     トランプ54枚(ジョーカー2枚)
■パッケージサイズ W122×H132mm×D20
■対象年齢     15歳以上
■素材       本体、パッケージともに紙


  


画像(GIF画像)をクリックすると解像度の高いJPEG画像が表示され、ダウンロードできます。


この件に関する取材のお問合せは以下にお願いします
■株式会社 ビバリー  田口 九
東京都中央区銀座8−10−6 銀座MEビル(〒104-0061)
電話 03-3572-4972(代) FAX 03-3571-3907

■インフォメーションセンター 佐々木 創平
東京都中央区銀座1-22-10 銀座ストークビル(〒104-0061)
電話 03-3563-3181  FAX 03-3562-5267
E-Mail sohei@info-ginza.com

同報配信をご希望の方は以下の申し込みフォームからお申し込下さい。より早く確実にリリースを受信できるようになります。
リリースの同報配信お申し込みフォーム(報道関係者限定)