2014年10月

地獄経由天国行きジグソーパズル

ビバリーが「ブラック無糖ジグソーパズル」と「牛乳ジグソーパズル」を発売

黒一色、白一色。五里霧中、羅針盤のない船のようなジグソーパズル


もともとパズルは迷宮世界を推理し、手探りで糸口を見つけ、組み立てるのが楽しみであるが、だんだんもっと難しくという欲求が生まれてくる。これまでは絵柄とピースの形という二つの手掛かりがあったが、今度は絵柄ゼロ、黒一色、白一色の手掛かりなし、あるのはピースの形のみという五里霧中、羅針盤のない船とでもいえるパズルが登場する。

玩具、ゲーム用品メーカーの株式会社ビバリー(本社・東京都中央区銀座、代表取締役社長・神下英輝)が、11月7日より発売する「ブラック無糖ジグソーパズル」と「牛乳ジグソーパズル」がその商品。全国の文具店、玩具店、百貨店、量販店などで販売する。

パッケージは食品を装った遊び心が反映され、「ブラック無糖ジグソーパズル」は「男の黒一色ジグソーパズル」「雑味なし ブラック無糖」などと描かれている。また「牛乳ジグソーパズル」には「成分無調整」「新鮮な喜び 白100%のジグソーパズル」などとウイットに富んだデザイン。

この一面一色の超難関ジグソーパズルを組み立てている最中は、地獄のような苦しみを味わい、その苦しみを経て見事完成させれば、この上ない天国のような達成感・解放感を味わうことができる「地獄経由天国行きパズル」が特徴である。

ビバリーでは、2012年7月に1000ピースジグソー「純白地獄」、「暗黒地獄」を発売以来、一面一色の地獄パズルシリーズを発売してきたが、今回の製品は地獄パズルをアレンジ、「パズルにしちゃいました!シリーズ」商品として発売する。日常のありふれたサインや見たことがある「モノ」をパズルにするという意表をつくシリーズで、禁煙マークや非常口サインなどが好評発売中だ。


<「ブラック無糖ジグソーパズル」と「牛乳ジグソーパズル」製品概要>


■製品名  :「ブラック無糖ジグソーパズル」、「牛乳ジグソーパズル」
■本体価格 :1,800円(+税)
■発売日  :2014年11月7日(金)
■ピース数 :300ピース
■完成サイズ:38×26p
■販売場所 :全国の玩具店、百貨店、量販店など


「ブラック無糖ジグソーパズル」
、「牛乳ジグソーパズル」


画像(GIF画像)をクリックすると解像度の高いJPEG画像が表示され、ダウンロードできます。


この件に関する取材のお問合せは以下にお願いします
■株式会社 ビバリー  田口 九
東京都中央区銀座8−10−6 銀座MEビル(〒104-0061)
電話 03-3572-4972(代) FAX 03-3571-3907

■インフォメーションセンター 佐々木 創平
東京都中央区銀座1-22-10 銀座ストークビル(〒104-0061)
電話 03-3563-3181  FAX 03-3562-5267
E-Mail sohei@info-ginza.com

同報配信をご希望の方は以下の申し込みフォームからお申し込下さい。より早く確実にリリースを受信できるようになります。
リリースの同報配信お申し込みフォーム(報道関係者限定)