2014年5月

プラモデル感覚の立体ジグソーパズル登場

BMW/Z4、ランボルギーニ/ムルシエラゴ、ミニクーパーが立体パズルに

ビバリーが新ジャンル製品「カーパズル3D」シリーズを新発売。

プラモデルファン、車好きなど新たな顧客層開拓の先駆


※6月末頃、商品見本が届きます。報道資料として商品見本ご希望のメディアの方は
このページ下の申し込みフォームからお申し込み下さい。商品到着次第、お届けします。

6月10日追記:日本玩具協会の"2014年日本おもちゃ大賞"の
ハイターゲット・トイ部門で「カーパズル3D ミニクーパー」が優秀賞を受賞しました。


車や船などのスケールモデルを組み立てて楽しむといったらプラモデルが常識であったが、これに全く別ジャンルからアプローチする製品が現れた。プラスティックの立体ピースを組み上げていくと、リアルな名車が完成する「カーパズル3D」が、「スケールモデルを組み立てて楽しむ」世界に急接近してきた製品。パーツ(ピース)を自分で組み立てていく作業は同じだが、プラモデルには詳し組み立て方説明書がつく。「カーパズル3D」はパズルだから基本的には自分で推理して楽しむ。しかし完成すれば、パズルを組み立てた充実感にひたることもできる。また、タイヤも動きプラモデルに引けを取らないリアルな出来栄え。

「カーパズル3D」は、文具、ジグソーパズル総合メーカーの株式会社ビバリー(本社:東京都中央区、代表取締役:神下英輝)が開発、販売する。これまでも平面パズルだけでなく、キャラクターものやパンダなど動物、東京スカイツリーなどの立体クリスタルパズルを発売してきたが、今回は初めてより実車イメージに近い精巧なでき上がりの憧れの名車シリーズに取り組んだ。発売は4車種、9アイテム(各車2カラー、ミニクーパーだけ3カラー)で、スケールは1/32サイズ。ピース数は60〜70ピース。苦労して完成させた「カーパズル3D」だから、愛着もひとしお。インテリアに、コレクションにうってつけだ。7月25日(金)より(※当初資料では7月24日(木)となっていますが訂正します)、全国の玩具店、百貨店、量販店などで発売する。価格は本体価格で各2,500円。

従来のジグソーパズルファンだけでなく、プラモデルファン、車好きなど新たな顧客層を取り込む先駆けとなりそうだ。

「カーパズル3D」製品概要


画像(GIF画像)をクリックすると解像度の高いJPEG画像が表示され、ダウンロードできます。


■スポーツ性とヱレガンスが完璧に調和。BMWを代表するスポーツカー BMW/Z4
カラー:レッド、ブルー
ピース:60ピース
各セット内容:パズルピース(車…52個、ホイール…4個、タイヤ…4個)、組み立て方説明書・

        


■息を呑む力強さ、一瞬で魅了される圧倒的な存在感 ランボルギーニ/ムルシエラゴ
カラー:イエロー、グリーン
ピース:64ピース
各セット内容:パズルピース(車…56個、ホイール…4個、タイヤ…4個)、組み立て方説明書

      


■おしゃれなのにレーシー。クラシカルなのに、キュートなボディ  ミニクーパー
カラー:レッド、ブルー、イエロー
ピース:64ピース
各セット内容:パズルピース(車…56個、ホイール…4個、タイヤ…4個)、組み立て方説明書


■力強いデザイン、迫力の存在感。八マーを代表する名車 ハマー/H2
カラー:オレンジ、レッド
ピース:70ピース
各セット内容:パズルピース(車…62個、ホイール…4個、タイヤ…4個)、組み立て方鋭明書

     


各車種の組み立て過程

   

「カーパズル3D」BMW/Z4の組み立て

   

「カーパズル3D」ランボルギーニ/ムルシエラゴの組み立て

   

「カーパズル3D」ミニクーパーの組み立て

   

「カーパズル3D」ハマー/H2の組み立て


画像(GIF画像)をクリックすると解像度の高いJPEG画像が表示され、ダウンロードできます。


6月10日追記:日本玩具協会の"2014年日本おもちゃ大賞"のハイターゲット・トイ部門で「カーパズル3D ミニクーパー」が優秀賞を受賞しました。

※「日本おもちゃ大賞」は、2008年に創設されたおもちゃ業界全体の活性化を目的とした賞。7部門にわかれ、審査が行われる。ハイターゲット・トイ部門で「カーパズル3D ミニクーパー」が優秀賞を受賞。6月10日に東京国際フォーラムで大賞授賞式がおこなわれるとともに、6月12日から15日にかけて東京ビッグサイトで開かれる「東京おもちゃショー 2014」でも紹介される。


この件に関する取材のお問合せは以下にお願いします
■株式会社 ビバリー  田口 九
東京都中央区銀座8−10−6 銀座MEビル(〒104-0061)
電話 03-3572-4972(代) FAX 03-3571-3907

■インフォメーションセンター 佐々木 創平
東京都中央区銀座1-22-10 銀座ストークビル(〒104-0061)
電話 03-3563-3181  FAX 03-3562-5267
E-Mail sohei@info-ginza.com

同報配信をご希望の方は以下の申し込みフォームからお申し込下さい。より早く確実にリリースを受信できるようになります。
リリースの同報配信お申し込みフォーム(報道関係者限定)