2014年3月

パズルメーカーが突きつける数々の地獄ジグソーシリーズ

ビバリーが「地獄パズル」シリーズに新しく4商品

グルグル回って見える「地獄パズル 回転地獄」

一面黄金に光り輝く「地獄パズル 黄金地獄」など

※報道用高解像度画像はインフォメーションセンターまでご連絡下さい。メールにてお届けします。
不正利用防止のため、ジグソーパズル図柄の高解像度の画像はこのページからはダウンロードできません。

パズルメーカーは意地悪の天才だ。問題解決と喜んでいたら、次から次へと新たな難問、地獄を突き付けてくる。

ジグソーパズル総合メーカーの株式会社ビバリー(本社:東京都中央区、代表取締役:神下英輝)が、人気の「地獄パズル」シリーズに新しく4商品を開発、4月11日より全国の玩具店、百貨店、量販店などで発売する。「地獄パズル 回転地獄」(300ピース)、「地獄パズル 暗黒地獄DX」(1000ピース)、「地獄パズル 黄金地獄」(108マイクロピース)、「地獄パズル メタル地獄」(108マイクロピース)がその商品。

「地獄パズル 回転地獄」は、平面の図形なのに動いて見える錯覚図形が絵柄。パズルを組んでいる時も、完成して飾ってからも地獄のようにクルクル目が回る意地悪度超A級のパズルだ。(300ピース、完成サイズ38×26p、本体価格1,800円)
※必ず明記して下さい→ ©Akiyoshi Kitaoka 2003 ©KANZEN

「地獄パズル 暗黒地獄DX」は、表も裏も両面真っ黒の1000ピース。グソーパズルを組む際に重要なヒントとなる絵柄が無いため、ピースの形だけで勝負という超難解なジグソーパズル。絵柄を愉しむこともなく、黙々とチャレンジする他ない。しかし、パズルファンの中には、このブラックホールの世界に敢えてチャレンジする冒険者も多い。地獄のような産みの苦しみを味わい、晴れて完成の暁の達成感、その落差がたまらないようだ(1000ピース、完成サイズ72×49p<本体価格3,000円)

「地獄パズル 黄金地獄」、「地獄パズル メタル地獄」は、それぞれ黄金一色、メタル一色のパズル。ともに完成サイズははがきサイズ大で初心者でも取り組める。ただし、手掛かりの少ない地獄パズルで、ピースは普通のジグソーパズルの半分程度のマイクロピースだから、それなりに苦労する。(それぞれ108マイクロピース、完成サイズ14.7×10p、本体価格800円)

ジグソーを完成させた“地獄からの生還者”だけが貼ることを許されるクリアの証シールが付属。シールは、完成したジグソーに貼ることができ、挑戦した日付と完成した日付を記入することができる。

参考:「地獄パズル」

「地獄パズル」は、絵柄のない、一面一色の超難関ジグソーパズル。12年7月に1000ピースジグソー「純白地獄」、「暗黒地獄」、同年11月には108ピースの「純白地獄」、「暗黒地獄」、「灼熱地獄」、「極寒地獄」を、また13年7月に「純白地獄 大王」を発売、シリーズ累計4万個を出荷したビバリーの大ヒット商品。

普通のジグソーパズルは、「絵柄」と「ピースの形」を手掛かりに組み立てていくが、「地獄パズル」は、ヒントがピースの形しかないため超難関。組み立てている最中は、地獄のような生みの苦しみを味わう一方で、その苦しみを経て見事完成させれば、この上ない天国のような達成感・解放感を味わうことができる。


以下画像(GIF画像)をクリックすると解像度の高いJPEG画像が表示され、ダウンロードできます。


「地獄パズル 暗黒地獄DX」
↑ 「地獄パズル 黄金地獄」 ↓
↑ 「地獄パズル メタル地獄」 ↓

この件に関する取材のお問合せは以下にお願いします
■株式会社 ビバリー  田口 九
東京都中央区銀座8−10−6 銀座MEビル(〒104-0061)
電話 03-3572-4972(代) FAX 03-3571-3907

■インフォメーションセンター 佐々木 創平
東京都中央区銀座1-22-10 銀座ストークビル(〒104-0061)
電話 03-3563-3181  FAX 03-3562-5267
E-Mail sohei@info-ginza.com

同報配信をご希望の方は以下の申し込みフォームからお申し込下さい。より早く確実にリリースを受信できるようになります。
■リリースの同報配信お申し込みフォーム(報道関係者限定)